ドラマ『さくらの親子丼』の第2話に登場した江里香を演じた子役の演技が話題になっています。

その子役について紹介していこうと思います。

 

それではさくらの親子丼の子役・江里香の演技がすごいと話題に!をご覧ください。

 

スポンサーリンク




なぜ子役の江里香が話題になったのか?

さくらの親子丼は自分の居場所を失ってしまい心に傷を負った人に、主役の九十九さくら(真矢みき)が親子丼を無料で振舞うというお話です。

「オトナの土ドラ」で23時からの深夜枠で放送されていることもあってか、重めのストーリーのドラマとなっています。

 

子役の江里香が登場したのは『さくらの親子丼』の第2話です。

シングルマザーの佐伯風花(浅川梨奈)と娘の佐伯江里香(宝辺花帆美)との親子関係がテーマとなったお話です。

その第2話で話題となったのが母親の風花が娘の江里香を洗濯機の中に入れるという虐待シーンです。

 

新しい父親とウマが合わず、家出をした風花は援助交際でお金を稼いでいました。

その援助交際で出来たしまった子供が江里香でした。

 

父親が誰かも分からず、シングルマザーとして風花は子育てをしていきます。

しかし就職、彼氏とのデートにも娘がいることがネックとなってしまい、上手くいきません。

風花は江里香のせいで自分の人生がムチャクチャになってしまったと江里香を恨むようになります。

 

そんな時に風花が取った行動がこちらです↓

https://twitter.com/kantele/status/919095438338224128

風花が江里香を洗濯機の中に入れ、そこに訪れてきた二宮あざみ(吉本実憂)が異変に気付き、助け出すというシーンです。

 

風花が洗濯機の中に入れるという虐待行為自体も話題となってのですが、江里香を演じていた子役の宝辺花帆美さんの演技が上手く、同情を誘ったとうのも話題となって一因だと思います。

 

転んで母親に助けを求める場面や出会った人に見せる屈託のない笑顔が、より母親の風花に疎まれている悲惨さを強調していました。

 

 

また母親の風花を演じていた浅川梨奈さんの演技も良かったと思います。

浅川梨奈さんはSUPER☆GiRLSに在籍するアイドルですが、ドラマや映画出演も結構頻繁にされています。

風花の江里香に対する憎しみの感情が伝わったからこそ、子役の宝辺花帆美さんの演技も際立ったのかなという印象でした。

 

スポンサーリンク




子役の宝辺花帆美さんはどんな子?

画像出典:http://www.theatre.co.jp/activity/activity-cat/tv

 

話題となった子役は宝辺花帆美さんは『たからべ かほみ』と読むようです。

「読むよう」と書いたのは公には読み方が発表されていないためです。

 

 

宝辺花帆美さんが所属しているのは「テアトルアカデミー」という事務所です。

テアトルアカデミーには鈴木福、野澤しおり、小林星蘭など有名子役が所属しています。

子役以外のタレントさんも所属しているのですが、子役に強い事務所という印象ですね。

 

宝辺花帆美さんについては所属事務所のテアトルアカデミーでも公式プロフィールなどが無いため、詳しい情報は明らかになっていません。

 

 

宝辺花帆美さんはドラマに出演するたびに「あの子役は誰?」と話題になっているみたいですね。

過去の出演ドラマは・・・

 

  • 夏目漱石の妻
  • 東京タラレバ娘
  • 母になる

など人気ドラマだったこともあってか、注目されることが多かったようです。

https://twitter.com/ntv_haha/status/840892064996900864

 

今回出演した『さくらの親子丼』でもやっぱり話題になりましたからね。

可愛いというのもありますが、自然な演技で感情移入しやすいというのが理由だと思います。

 

 

ちなみに所属事務所のテアトルアカデミーのTwitterでは宝辺花帆美さんが『さくらの親子丼』を宣伝している動画があります。

やっぱり可愛い笑顔に引き込まれてしまいますね。

年齢も公開されていませんが、まだ小学校には就学していないくらいだと思います。

 

まだまだ子役として活動されていくとは思うので、宝辺花帆美さんを今後も映画やドラマで観る機会がありそうですね!

 

宝辺花帆美さんが出演した『さくらの親子丼』の第2話のあらすじはこちら↓

⇒さくらの親子丼 第2話あらすじ・dailymotion無料動画