コードブルー3rd第9話のpandora無料動画視聴について紹介していきます。

 

コードブルー3も残り2話を残すだけとなってしまいました。

最終回に向けて9話ではどんな展開になるのか気になりますね。

そこでコードブルー3rd第9話を見逃したって人のためにpandora以外にも無料で動画を見る方法について紹介していきます。

 

コードブルー3rdシーズン9話を無料で動画視聴したいという方にオススメ!

FODなら無料期間31日を利用して全部観れますよ↓

 

コードブルー3rdシーズン9話あらすじ

三井環奈(りょう)は息子の優輔(歸山竜成)の看病をしていました。

優輔は『ごめんね、お母さん。僕、もう疲れたよ。』と泣き言を言います。

 

そんな優輔の発言に驚いた三井はすぐに橘に報告します。

橘は『大丈夫だよ。』と慰めますが、事実、もう猶予が無いことも話します。

 

 

そこに、3名の救急患者が搬送されてきます。

両角孝平(成田瑛基)は33歳の車椅子ラグビー選手でハーフタイムのウォーミングアップ中に車椅子ごと階段から落ちたとのことでした。

他にも熱傷の患者、高所転落の患者との3名の対応に追われます。

 

救命のメンバーはそれぞれ分担し、3人とも命を落とすことなくICUへと移動させます。

初期の頃とは違い、役割をこなすフェローたち。

明らかに成長が伺えます。

 

それを見ていた橘は『白石のお蔭だよ。お前がみんなを引っ張ってくれたから。いいチームになってきた。』と褒めます。

『いえ、みんなのお蔭です。』と謙遜する白石にうん、お前らしいな。』と言うのでした。

 

 

緋山美帆子(戸田恵梨香)は大事な話があると緒方に呼び出されます。

ベンチに座ると緋山の携帯が鳴ります。

電話の主は前の職場の周産期医療センターで医局長として迎えるので来てくれないかというお誘いの電話した。

緒方は『自分の話はまたの時でいいや。』と言って話をしないままでした。

 

 

医局では名取颯馬(有岡大貴)の父の将馬(山田明郷)が待っていました。

将馬は『実家の病院に戻って来い。』と言って名取を帰ってくるよう促します。

 

 

藤川一男(浅利陽介)が階段からICUを見てると、冴島はるか(比嘉愛未)から『いつまでヘリに乗るの?』と体を心配されました。

灰谷俊平(成田凌)はドクターヘリの中でまたしても失敗をしてしまいます。

この先フライトドクターを続けていくかどうかを悩むのでした。

 

 

西条先生(杉本哲太)はICUにいた藍沢(山下智久)にトロント大学へ推薦しておいた話します。

それを聞いても藍沢は反応しません。

 

 

橘と三井は廊下でドナーが見つかったため、海外で心臓移植するつもりだと話しています。

優輔に伝えますが『心臓はいらない。移植は受けない。理由は言いたくない。』と心臓移植を拒否します。

橘と三井は説得を試みますが『ごめん、僕は移植を受けない。』の一点張りです。

橘は内科医の井上宣顕(滝藤賢一)に言うと『まだあと50分あるから。』ともう一度説得するよう促します。

 

 

車椅子ラグビーの両角のところに仲間がお見舞いにきます。

両角を診ていた白石に『もうエースって呼ばれるような年じゃないですから。でもね、そのお蔭でやっとチームに貢献できるようになったんですよ。昔は俺にボールま回せ、俺が何とかしてやるからって。今はパスを出す面白さも覚えた。仲間の良さを引き出す楽しさも知った。今は、チームでプレーするのが楽しい。これからなんですよ、俺は。だから、先生、早く治して下さい。』と頼み込みます。

隣では藍沢がその話を聞いていました。

 

 

橘と三井はもう一度、優輔に心臓移植の手術を受けるよう説得に行きます。

『夢はお父さんみたいな医者になって、多くの人を救うこと。』だと話します。

『だったら、なぜ?』と聞く橘。

『お父さんが好きだから。僕が病気になってお父さんが変わった。お父さんが新聞を見たりして、同年代の子供たちの事故を調べるようになって、ほかの子供の事故を待つようになった。僕がいなくなれば元の大好きなお父さんに戻る。僕は移植を受けない。』と橘が変わってしまった原因が自分にあると優輔は考えていたのでした。

 

緋山は医局で周産期医療センターの医局長に戻ってくれという誘いがあったことを明かします。

白石は『おめでとう。』と祝います。

すると藤川が藍沢にトロント大へ行くのかを尋ねます。

『俺は行かない。救命に残る。』と答えました。

 

 

白石は藤川から灰谷がヘリの中で無線が使えなかったことを聞きます。

前回の件がトラウマになってしまい、ヘッドセットをつけたまま震えだしてしまったというのでした。

心配した白石が灰谷のところに行こうとすると藤川は『俺もはるかからドクターヘリを降りてもらいたいと言われてるんだ。』と話します。

 

白石が灰谷と面談をすると『ヘリ担当から外してください。』と言われます。

 

 

藍沢と新海が両角の頭のレントゲンを見ると14年前の事故で骨折していて出血が疑われることを話します。

すると突然、両角が意識を失います。

急遽、藍沢と新海、白石で手術が始まりましたが両角は亡くなってしまうのでした。

 

手術室から出てくると新海が白石を慰めます。

まだ悔やんでる白石に藍沢は『必要以上に責任を感じることはない。医者ができることは限られてる。』と冷静に話します。

それを聞いた新海は『は?その言葉、理解するべきはお前だろ。患者のことで必要以上に責任を感じてるのは誰だ?』と言って去っていきました。

 

 

橘がエレベーターに乗っていると緋山が乗ってきました。

『ドナーが見つかって良かったですね。』と笑顔で話す緋山ですが、橘の表情は冴えません。

橘が優輔に拒否されたことを告白すると『そんなの真に受けてどうするんですか?今すぐ移植承諾の連絡をするべきです。逃したら、いつになるかわからないんですよ。』と話す緋山。

『わかってるよ。そんなことは・・・俺たちが一番良くわかってる。でもな、実際に移植を受けるのは優輔なんだ。移植後もつらい治療がずっと続く。人の命をもらったと言う責任も思い。それに、あいつがずっと後悔して生きてくと思うと、あまりにもつらい・・・』

『なに言ってるんですか?親が子供を信じなくてどうするんですか?私が訴えられたとき何と言ってくれたか覚えてますか。逃げるな、オペをしろって。あのとき、橘先生は、私以上に私を信じてくれました。優輔くんは、いずれ理解します。橘先生の気持ちを・・・』

エレベーターを降りると橘は歩きながら井上に連絡し移植承諾の連絡をしてもらうのでした。

 

 

移植手術が決まった優輔はヘリに乗せられて橘や三井と一緒に病院へと運ばれます。

ヘリの中で橘は『優輔のことが大好きだから、優輔に嫌われてもいい。俺が手術を受けさせたのだから優輔がそのことを気に病む必要はない。』と想いを伝えます。

『お父さんが優輔に生きててもらいたいから移植するんだ。』という橘の言葉に優輔は涙を流すのでした。

 

医局まで井上が緋山に会いに来ると今までのお礼を伝えていきました。

そばにいた名取は『良かったですね。』と話します。

名取は『自分のミスが原因で父親に呼び戻されたので救命をやめます。』と話すと緋山が行く予定の周産期医療センター長は名取の父親の後輩だと告げます。

緋山が周産期医療センターの医局長になる話は謝罪のために名取の父親が動いたということをバラしてしまいます。

 

 

それを聞いた緋山が外のベンチに座って悩んでいると緒方がやってきます。

緋山は『転院先を自分の周産期医療センターの近くの病院にしよう。』と言いますが緒方は『行けない。』と断ります。

緒方は『障害がある自分と一緒にいたら、夢を奪ってしまうし、そうなったら自分が耐えられない。』と理由を話すと、

『もう会うのはよそう。』と別れを告げます。

 

 

病院では両角のチームメイトたちに藍沢と白石が説明していました。

みんなが悲しんでいると一人が突然話し出します。

『どうせあいつはずいぶん前に死んでた。チームワークとか献身的なプレーとか身に付けた時に。エースって言うのは、わがままで自分勝手じゃなきゃ駄目なんだ。とんがり続けるのはキツイ。だからたいていの人間は丸くなる。それを成長とか、大人になったとか、耳障りのいい言葉でごまかす。自らの挫折。他人の痛み。そんなものを知ってそれでもとがっていられるのはそう多くはいない。あいつはそういうやつだ。エースとしての選手生命は、俺たちが絶ったんだ。あいつは優しすぎた。』

 

 

白石はヘリの発着場所で藍沢にトロントに行くよう勧めます。

しかし藍沢は『奏は自分の夢を追えなくなった。ひとりだけ夢を追いかけることはできない。』と答えます。

そして『藤川も緋山もいなくなる。自分のことを気にしろ。』と藍沢が救命に必要だと話します。

『同情で残られても嫌。今、藍沢先生のキャリアを奪ったら何も言えなくなる。近くにいても遠くなる。そんな関係は嫌。藍沢先生はそんなだった?9年前は違った。誰よりもいい医者になる。そのためには摩擦もいとわない。そこに私たちは憧れた。何かのせいにして楽な道を選んでほしくない、藍沢先生がいなくても私たちはちゃんとやれる。違う、あなたがいない分、強くなろうとする。きっと奏さんだってそう。あなたはトロントに行くべきだと思う。』

 

それを聞いた藍沢は何も言わずに去っていきます。

 

 

救命でのミーティング中に開通前の地下鉄で崩落事故が発生して負傷者多数とドクターヘリ要請の出動要請が入ります。

灰谷以外の全員が現場に向かいます。

開通前の地下鉄を歩くという地下鉄ウォークのイベントが行われており300人が参加していて子供も多数いました。

藍沢が藤川、緋山、名取が崩落現場に行って治療を開始しました。

白石が上に残って指示をしてると、もう一度崩落が起きてしまい藍沢たちが埋まってしまうのでした。

 

コードブルー3rdシーズン9話動画pandora無料視聴するには

pandoraなどのサイトで動画を無料視聴することができますが、法整備やネット監視の強化によって無料での動画視聴が出来なくなってきています。
そもそも違法サイトで動画を観ること自体法律で罰せられる可能性があります!

では無料でコードブルー3rdシーズン9話を見る方法は無いのでしょうか?

 

その場合は、動画配信サービスであるFODを利用すれば、番組を見ることが出来ます。

無料会員登録が必要になりますが、気に入らなければ解約すればOKです。

 

FODを利用すればコードブルー3rdシーズン9話だけでなく、

1stシーズン全話、2ndシーズン全話もまとめて観ることができますよ!

公式であるフジテレビが提供しているFODであれば安心してコードブルー3rdシーズン9話を見ることが可能ですよ!

 

※配信内容が変わっている可能性があるのでご契約前に配信状況を確認するようにしてください。

 

コードブルー3rdシーズン9話をFOD無料期間を使って動画視聴したい方はこちらからどうぞ↓

 

コードブルー3rdシーズン9話動画pandora無料視聴

コードブルー3rdシーズン9話のpandora無料動画は現在ありません。

動画は全て削除されてしまっています。

pandoraでの視聴は出来ないのでFODでの動画視聴をオススメします。

 

コードブルー3rdシーズン9話を見た人の感想

『コードブルー3は脚本が・・・』なんて声が多かったですが後半はコードブルーらしいストーリーじゃないかと思います。

まだまだ未熟なフェローたちに苛立ちや憤りを感じる部分もありますが、応援したいって気持ちにもなります。

 

9話では橘の息子の優輔の言葉が印象的でした。

『僕がいなくなればお父さんが元に戻る・・・』というセリフは観れられなかったです。

ただ橘が『お父さんが優輔に生きててもらいたいから移植するんだ。』という言葉で全てが救われましたね。

 

最終話に向け、大きな事故現場が発生しました。

9話の最後にまさかの藍沢先生が巻き込まれてしまう・・・

最終回に向け話が急展開した9話だったと思います。

 

 

FOD会員になってコードブルー3rdシーズン9話動画視聴しよう!

動画配信サービスであるFODを利用すればコードブルー3rdシーズンだけでなく、1stシーズンや2ndシーズンもまとめて見ることが出来ます。

会員登録が必要となりますが31日間の無料期間があるのでまずは試してみてはどうですか?

それ以外の人気ドラマも配信しているのでドラマ好きの方には本当にオススメですよ!

 

※配信内容が変わっている可能性があるのでご契約前に配信状況を確認するようにしてください。