コードブルー3も最終回の放送が終わりました。

過去のストーリーを確認するためにもコードブルー1を見直したいと思う方が増えてます。

そこでコードブルー1の最終回11話の動画を観たい方オススメを方法を調査。

 

コードブルー1の最終回11話を無料で動画を見る方法について紹介していこうと思います。

 

コードブルー1シーズン最終回11話を無料で動画視聴したいという方はこちらをどうぞ↓

 

コードブルー1シーズン最終回11話あらすじ

高速道路のトンネル内で多重衝突事故が発生し、すでに多数の死傷者が出ていました。

藍沢(山下智久)は三井(りょう)、冴島(比嘉愛未)とともにドクターヘリで事故発生現場に急行しますが、その凄まじい惨状に呆然とします。

現場の状況報告を受けた黒田(柳葉敏郎)はタッチアンドゴーで白石(新垣結衣)と緋山(戸田恵梨香)もヘリで現場に運ぶよう指示します。

それと同時に森本(勝村政信)と藤川(浅利陽介)には患者の受け入れ体制の準備を指示するのでした。

 

 

三井はトンネル内の安全を確認するとトンネル内に残されたケガ人を重傷度や緊急度を判断しトリアージタッグをつけるよう藍沢に命じます。

白石と緋山も現場に到着すると直ちにトンネルの外に運び出されたケガ人の治療にあたり始めます。

 

藍沢と冴島がトンネル内に入っていくと腕から血を流している小西(肘井美佳)が冴島に助けを求めてきます。

小西の恋人である谷口(大橋智和)がバイクで横倒しになった状態で動けないと助けを求めてきたのでした。

トラックの下に潜りこむようにして挟まれていた姿を見た冴島はすぐさま藍沢を呼びます。

 

 

一方、白石と緋山は澤野良江(山下容莉枝)の治療にあたります。

良江は「夫と息子がまだトンネル内にいるの!」と叫んでいましたが、しばらくすると息子の秀明(高木涼生)が警察官に付き添われて出てきます。

ですが夫の明夫(遠山俊也)の安否は依然不明のまま。

良江が腹腔内出血を起こしていると気付いた緋山は良江をヘリで病院まで搬送しようします。

ところが良江は緋山に「夫が戻ってくるまではここにいる」。と懇願し搬送を拒否。

緋山は手を握ってきた良江にもう片方の手を添えると「きっと見つかるから大丈夫。」と安心させ、良江をヘリに乗せます。

その時に良江のポケットから落ちてしまった携帯電話を緋山はポケットにしまうのでした。

 

 

トンネル内ではレスキュー隊による谷口の救出作業が始まります。

しかし、撤去にはまだ時間がかかりそうで救出できそうにありません。

やむを得ず藍沢はその場で谷口の治療を開始します。

十分な明かりも確保できない最悪の状況でドレナージを試みる藍沢。

谷口は大量血胸で危険な状態に陥っていたのです。

藍沢は開胸をして止血しようと試みます。

近くでは彼女の小西が泣き叫び続けていました。

 

 

緋山は良江を搬送していたのですが、翔北救命救急センター到着まであと数分というところで急に良江の容体が急変。

心タンポナーゼを起こしていました。

緋山から連絡を受けた黒田は心嚢穿刺をするよう緋山に指示。

「エコーもガイドワイヤーもない状態で心嚢穿刺を行うのは初めて。」という緋山でしたが「なくてもやるしかないって事ですよね。」と覚悟を決めて黒田に指示を仰ぎます。

ヘリが揺れるなか、慎重に作業を進める緋山。

そして見事、心嚢に穿刺針が到達し血液が吸引されます。

黒田は胸をなでおろすと緋山に「良くやった。」と言葉をかけます。

 

まもなく良江は意識を取り戻します。

自分の事より、見つからなかった旦那を心配する良江。

緋山は「必ず私が見つけ出しますから。」と良江に約束するのでした。

 

 

その頃、藍沢は谷口の出血点を突き止めることができずに焦っていました。

すでに谷口はストーンハート状態という危険な状況で白石が谷口の話し掛けるも意識がなくなってしまいます。

そこで大動脈をクランプしてみるも出血は止まりません。

心臓マッサージを続けていた藍沢はやがて大動脈狭部の断裂を見つけます。

「これじゃ助けられない。」と諦めの言葉を口にする藍沢。

しかし藍沢は「ここで悲しんでられない、俺たちは助けられる患者を助けるんだ!」と歩き出し、白石と冴島もそれに続きます。

 

 

トンネルの外にはトンネル内から連れ出されてきたケガ人がどんどん増えてきました。

それによって輸血用血液などだけでなく、ケガ人搬送する救急車も不足してきたのでした。

病院搬送が出来ずに困っていた三井は1台の観光バスが移動しようとしているのを見かけます。

とっさの判断で三井はバスを救急車代わりにして黄色と緑のタッグの患者を乗せるよう救急隊員に提案します。

 

 

緋山はドクターヘリで搬送した良江を救命救急センターの初療室に連れていきます。

黒田がそこにやってくると、現場では人も血液も機材も不足していること、現場の状況から翔北病院の救命救急センターにも大量の患者が運ばれてくることを緋山は伝えます。

藤川はそれを聞くと「現場に行かせてほしい」と強く申し出ます。

真剣な表情で訴える藤川を見て黒田は病院内にあるRCCやアルブミン製剤などを持って現場に行くよう指示するのでした。

 

 

緋山とともにヘリに乗る藤川の姿を見た梶(寺島進)はそっと頷きます。

現場に到着した藤川はすぐさま患者の処置に当たり始めます。

 

一方の緋山は良江の夫の明夫を探し始めます。

遺体が安置されている場所に向うと緋山は一人一人遺体を確認し、明夫と思われる人物がいないことを確認します。

その時ポケットに手をやると良江の携帯電話があることに気付きます。

緋山は『お父さん』という発信履歴をリダイヤルし、明夫への連絡を試みます。

すると電話の向こうの声は白石。

「なんで?」と困惑する緋山に。石は「今診ている患者の携帯電話が鳴ったから。」と答えます。

それを聞くと緋山はその場所へと慌てて向かっていきます。

 

 

明夫はトレーラーの積荷の下敷きになっていました。

緋山が到着すると藍沢、冴島、藤川、三井も駆けつけます。

明夫は一度徐脈したものの、処置によって持ち直したところだと説明する白石。

緋山が妻と子どもが無事であることを伝えると「ありがとうございます。」と安心した表情を浮かべます。

 

 

そんな中、消防隊長から避難指示が出されます。

トラックからガソリンが漏れ、いつ引火してもおかしくない状態だというのです。

 

三井は「一旦避難しましょう。」と皆に指示しますが白石が割って入ります。

「いまなら彼を助けることができるけど・・・安全確認後ではここに戻って来た時にここでやるべきことはあるのでしょうか?止まりかけた心臓が今、必死に動いてるんです、今なら助けられないかもしれないのに置き去りにはできません。」と白石は救助作業を続けようとします。

藍沢はレスキュー隊員にあと10分で救出できそうだと聞くと「10分だけやってみよう。救助終了後、至急避難します。」。と三井に懇願。

三井は藍沢の提案を了承し、皆で治療を続けます。

 

 

黒田は梶からの報告で避難指示が出ているのにまだトンネル内に残っていることを知ります。

梶は「10分だけ藍沢たちに時間をやってくれ。10分経ってもダメなら自分がぶん殴ってでも力づくでも引きずり出すからよ。」と黒田を説得します。

 

藍沢たちが治療を始めて間もなく、意識レベルが低下してしまいます。

明夫の頸部には打撲痕と血腫があり、頸動脈に損傷が原因で脳に十分な血液が送られていないと診断します。

藍沢はすぐさま頸部を切開すると血管内の血栓を発見します。

 

三井は梶から携帯を受け取ると黒田に指示を仰ぎます。

黒田はバイパスによって血流を再開させ、ヘリで搬送するよう指示。

藍沢は「点滴チューブを人工血管の代わりにして、血栓部分をバイパスしよう。」と提案します。

 

 

無事に藍沢たちの処置は成功。

明夫は意識を取り戻すと「ありがとう。」と言葉にします。

手を差し出した明夫の手をを握りうなずく白石。

 

積荷の除去もほどなくして終わり、藍沢たちは明夫をストレッチャーに乗せて急いでトンネルの外まで運び出します。

藍沢と白石が明夫をヘリに乗せて搬送し、白石は黒田に無事であることを報告。

それを聞いて一同は安堵します。

 

 

翔北病院に搬送後、無事オペを終えた明夫は良江や秀明とようやく再会します。

白石は回復後もリハビリが必要であること、麻痺が残る可能性もあることを良江に伝えます。

「いいんですよ、生きてさえいてくれたら・・・よく生きててくれた」と言って涙ぐむ良江。

冴島は、それを聞いて明夫が書いたメモを良江に見せます。

 

そこには力が入らず震えた字で「これからもよろしく」と書かれていたのでした。

 

結局、今回の事故は死者12名、重傷者6名、軽症者42名の大きな災害なってしまったのでした。

 

 

藤川は誰もいないロッカー室で母の静子に電話し、ヘリに乗ったことを報告します。

「良かったね、おめでとう。」と言われた藤川は「大して救えなかった、救えなかったことしか覚えていない。」と胸の内を告白します。

静子は、そんな藤川に「大変だったね、ご苦労様。」と優しく声を掛けます。

すると藤川は静子に今まで言うことが出来なかった投書の件の礼をようやく口にするです。

電話口からは静子のすすり泣く声が聞こえてきたのでした。

 

 

黒田の息子の健一(今井悠貴)が転院の日を迎えます。

有里子(奥貫薫)と一緒にタクシーに乗り込もうとしていた健一は遠くから見つめている黒田に気づきます。

すると健一が黒田の元に駆け寄ってきました。

「お父さん、今度試合見にきてよ、バスケ」と笑顔は声を掛ける健一に驚く黒田。

有里子が黒田のことを健一に話していたのでした。

 

黒田は涙をこらえながら「アメリカまで見に行く。」と約束します。

「それから・・・」と続ける健一でしたが「やっぱりいい。来てくれた時に話す、またねお父さん。」言い残してタクシーへと戻っていきます。

タクシーが走り出すと窓を開けていつまでも手を振り続ける健一。

黒田も懸命に左手を振って涙をこらえながらそれに応えるのでした。

 

 

翔北病院では安全対策委員会が開かれます。

トンネル内でレスキューの避難指示があったにも関わらず治療を続けたことが問題になったのでした。

 

田所(児玉清)は「ドクターヘリに危険はつきものです。だからこそ存続を前提としてどうすれば安全に運用できるのか議論を深めていきたい。」と強く主張します。

委員からは「何らかの罰を与えるべきだ。」と声が出ます。

すると田所は「フェロー達に必要なのは罰ではなく、再教育です。」と返すのでした。

 

 

冴島は、難病のALSで闘病中の悟史(平山広行)を見舞いに来ていました。

冴島は「明日来たくなるかどうかはわからない。でも、今日は来たいと思った。」と悟史に想いを告げます。

「勝手だな。最低だ・・・嬉しいよ。」と嬉しそうな笑顔を見せる悟史。

冴島は悟史に抱きついくと涙をこぼします。

 

 

白石が医局で仕事をしていると、そこに黒田がやってきます。

黒田は「もう事故のことを気にする必要はない。それより医者を続けていたら、少しでも人を多く救える、誰よりも多くヘリに乗れ!」と白石にヘリに乗るよう促します。

白石は「はい!」と大きく頷きます。

 

白石は田所のもとへ向かうと「もう少し勉強させてもらっていいですか?」と話します。

「もちろんです。」と田所は言うと提出した辞職願を返します。

田所は「昨日のあなたはとっても頼もしかった。どうか強いドクターになってください。」と告げます。

白石は力強く「はい」と笑顔で答えるのでした。

 

コードブルー1シーズン最終回11話動画pandora無料視聴するには

pandoraなどのサイトで動画を無料視聴することができますが、法整備やネット監視の強化によって無料での動画視聴が出来なくなってきています。
そもそも違法サイトで動画を観ること自体法律で罰せられる可能性があります!

では無料でコードブルー1シーズン最終回11話を見る方法は無いのでしょうか?

 

その場合は、動画配信サービスであるFODを利用すれば、番組を見ることが出来ます。

無料会員登録が必要になりますが、気に入らなければ解約すればOKです。

 

FODを利用すればコードブルー1シーズン最終回11話だけでなく、

2ndシーズンも全話、3rdシーズンの見逃し配信まで行っています!

公式であるフジテレビが提供しているFODであれば安心してコードブルー1シーズン最終回11話を見ることが可能ですよ!

 

コードブルー1シーズン最終回11話を見るにはこちらからどうぞ↓

 

コードブルー1シーズン最終回11話動画pandora無料視聴

コードブルー1シーズン最終回11話のpandoraの視聴リンクは下記となっています。

コードブルー1シーズン最終回11話pandora

 

※pandoraなどの違法サイトで無料で動画を視聴することは違法となりますので自己責任でお願いします。

 

コードブルー1シーズン最終回11話を見た人の感想

 

コードブルー1の最終回11話は泣いたという声が本当に多かったです。

確かに黒田の息子の健一が「お父さん。」と言った時の黒田先生の表情は何回動画観ても泣けますよね。

 

コードブルー3では脚本家さんが変わったことが話題になっていますが、コードブルー2もコードブルー1と同じ脚本家さんが書いています。

コードブルー1の最終回11話観たらすぐにでもコードブルー2を動画で観たくなっちゃいますね。

 

FOD会員になってコードブルー1シーズン最終回11話動画視聴しよう!

動画配信サービスであるFODを利用すればコードブルー1シーズンだけでなく、2ndシーズンも見ることが出来ます。

会員登録が必要となりますが31日間の無料期間があるのでまずは試してみてはどうですか?

それ以外の人気ドラマも配信しているのでドラマ好きの方には本当にオススメですよ!